医師転科人気サイトランキング

転職エージェントを賢く利用して転科転職を実現しよう!

「医師転科人気サイトランキング」のご訪問ありがとうございます。 転職の際に転科という選択肢をとっている医師の方が増えています。労働条件の改善や、長い医師人生を考えてゆとりとやりがいを重視して転職される方など理由はさまざまです。

当サイトの医師転科人気サイトランキングでは、求人数と長年の紹介実績の多さがセールスポイントのリクルートドクターズキャリアがランキング1位です。 転科を考えた転職の成功率も非常に高くなっています。 まずは1分で完了する初回の無料登録からお進み下さい。

医師転科人気サイトランキング!申込みが多いサイトはココ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
転科で年収アップは当たり前!希望通りの転職を目指すなら、リクルートドクターズキャリア。
■転職サービスを行って長年の実績のリクルート。信頼度が他の転職支援サイトとは違います。
転科での転職のコツはもちろん、転職先の人間関係や医療方針などの情報をしっかりと提供
稀少な診療科目でも、非公開求人の良質な転科での転職先を担当者が紹介してくれます。
■待遇などの条件交渉を行ってくれますから、転科をしても将来が明るい。年収アップ率も◎です。
■転科の理由をしっかりとヒアリングし、希望に沿った転職先を紹介するので満足度が高い。
大規模でも小規模でも、全国各地の医療機関を網羅していて細かなニーズにも応えやすい。
■様々な診療科から、自分にあった診療科の良質案件を紹介してくれるのが魅力。利用料は無料。


医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■様々な条件での求人情報が探せるのが魅力。転科転職にありがちな、未経験の案件も多数所有。
転科転職案件でも年収アップを実現できる。利用者のほとんどが年収アップを実現しています。
■将来のビジョンを考えて、あなたにあった転科先をアドバイス!将来が明るい転職先を紹介。
■非公開求人も多く、転科転職が条件の案件も多数。豊富な求人数が一番の売りのサイトです。
■転科転職の紹介実績も多数あるので、安心して専任コンサルタント転職サポーを受けられます。
■完全匿名制のため、医局のしがらみなどに囚われることなく、転科転職が実現できます。
■科目別検索はもちろん雇用形態や待遇別など検索システムが充実していて求人を見つけやすい。
科目による転職のしやすさや、働きたいエリアでの需要の高さなどもしっかり把握していて◎


MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■医療業界の転職に強く、求人数は27000件以上。転科転職にも当然に強いサイトです。
■転科のコツを把握しているから、転科転職で成功する秘訣もしっかりと情報提供してくれます。
転科をする先の診療科目のメリット・デメリットを把握していて転科には強みを発揮。
■転科転職が初めてという医師でも、分からない診療科目の情報も、親切丁寧に説明してくれます。
■転科目転職のコツはもちろん、職場の環境や雰囲気なども提供してくれるから安心です。
■面談設定や条件交渉など煩わしい作業はキャリアコンサルタントが代行してくれるので転職が楽。
■求人の質の高さは業界でも評判。転科転職も含め、多くの利用者が満足の声を挙げています。
■モバイル版も提供していますから、自宅だけでなく、外出先から携帯電話での利用も可能。


エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■エムスリーキャリアは医師だけでなく、薬剤師などの支援も行っているので、医療業界に精通。
■転科転職でも、高収入や土日休みで、残業なしなど、こだわりの条件にも対応してくれます。
将来のキャリアプランなどを考え転科を勧めてくれますから、後悔のない転職実現ができます。
転科転職によくある未経験者OKなどの非公開求人案件を豊富に所有しているサイトです。
転科転職のコツや、実現に役立つ情報を多数提供してくれるサイト。紹介実績の高さが違います。
■医療施設に直接応募する形と人材紹介会社経由での応募の2つの応募方法があるのが魅力の1つ。
■現役医師の利用者数は業界トップクラス。転科転職の選択肢も豊富に揃っているのが魅力です。
■検索システムが使いやすい事でも評判で他サイトと比べ充実した検索条件で絞り込むことが可能。


医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
転職成功者の75パーセントは常勤医での転職成功者!常勤転職に強い「JMC」。
■科目別はもちろん、エリア別でのニーズに対応した転職方法をしっかりと紹介してくれます。
■求人エリアは全国各地。都市圏から地方まで幅広い医師転職をサポートしてくれるのが強みです。
■転職支援で、長期間の紹介実績がありますから、医療機関からの信頼度が違っています。
転科転職という特殊な転職パターンも現場の事情を知り尽くしていて、転職実現をさせやすい。
医療機関との信頼が深いサイトですから、専門医経験がなくても、転職成功の実績が多数。
■目指す診療科で医師になるためのステップや、転職活動のコツも指導してくれるので人気上昇中。
■専任のコンサルタントは業界トップクラス。転科転職でも勤務形態や年収面の条件交渉も代行。


※当サイトではリクルート系運営で人気のリクルートドクターズキャリアが1位です。
※転科の実績の多い医師転職ドットコムも安定的にユーザーが多いサイトです。

医師が転科をするメリット

医師が転職を考えたとき、そのひとつの方法として転科をしてしまうという方法があります。なぜ転職の際に転科をするのか。そこには様々なメリットというものが存在しますから、これから転職を考えている医師の方は、是非参考にしていただきたいと思います。

現在日本の医師の待遇は、お世辞にも良い状況とは言えません。職場における激務によって苦しめられ、勤務環境のひどさに、退職をしたいと答えている医師が半分以上存在しているというのが、現実なのです。そしてその年代は、働き盛りの30代や40代が60パーセントと最も多かったという結果が出ているのです。

平均的な医師の残業時間は、なんと64時間。これに対して、1ヶ月の平均休日日数は、3.3日というのが現実としてあるのです。その中の4分の1は、なんと1日も休日を取れずにいるというのが現状なんですね。さすがに志の高い医師でも、肉体的に疲労がたまり、自分の体調を崩してしまうことになるでしょう。とくに産婦人科医に関しては、法定労働時間よりも40時間もオーバーしている61時間が平均の労働時間であるというから驚きです。当直の回数も1ヶ月の間に20度程度もあり、その上、「年間の休日数」がたったの50日にも満たないという現実があるようです。

今ご紹介したのは産婦人科の医師の例ですが、他にも外科であったり、脳神経外科、循環器・呼吸器・消化器内科などの医師も、その労働状況は過酷な状況であり、1週間も病院に泊まり込んで働くというのが、スタンダードな労働方法であるようですね。しかも、こういった働き方をしていても、「サービス残業」として扱われ、残業代が発生することがないというから驚きです。他にも小児科医に関しても、同じような状況が見て取れるのです。

こういった過酷な労働条件を理由に退職をし、他の病院施設に転職をしたとしても、現実的に、前述に挙げられた科目の医師が圧倒的に少ない状況にあるために、なかなかに労働状況が変わることはないと言えるでしょう。ですから転職をしても、自分の目的を達成できる転職を実現させることができないわけです。こういった場合には、一般的に、前述にある科目とは違った科へと転科し、労働条件を軽くするという方法がベターだと言えるのです。一般的に、労働時間などの問題だけで楽だとされているのは、歯科や精神科などが挙げられます。転職の際に、何を求めるかというところで、迷いは出てくると思いますが、転科をすることでさまざまなメリットがあるということを覚えておきましょう。


>>転科情報をリクルートのサイトから無料でGETする<<


医師の転科で人気のサイト

何気に転職の際に転科という選択肢をとっている医師の方々は増加しているようですね。精神科から内科。眼科から外科など。一見すれば、まったく専門外だと思われるような科目に転科をしている医師の方は、多いようなんですね。こういった転科の中でも、難しいとされている転科があります。それが内科から外科へと転科するというアクションです。内科でいくらスキルを磨いていたとしても、外科の分野になれば、はっきりいって1から新人として学んでいかなければならないからです。

近年では、医療器具などが進化したり、技術そのものが進歩してきているという背景があるために、昔に比べれば、手術は簡単になったと言われています。しかしながら、やはり人間の手の技術によって、ミクロ単位の手術をしなければならないのが外科の仕事なのです。ですから、外科の医師の寿命というのは、早いということが言われているんですね。

またこの例だけでなく、転科をするということは、以前の科目において、どんな実績を持っていたとしても、新しい科目においては、新人と同等であるということを、しっかりと覚えておかなければなりませんね。このことを頭に入れ、転職の際の転科の参考にしてみましょう。

転職の際の転科には、医師専門の転職支援サービスサイトを利用することをおすすめしますよ。この転職支援サービスサイトの中でも、転科転職に強いサイトといえば、CBネットやエムスリーキャリアといったところが挙げられますね。またリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなんていうようなサイトも、その求人数の多さと、長年の紹介実績の多さから、転科を考えた転職の成功率が非常に高いサイトだと言えるでしょう。

大学の医学部を出ていれば、それぞれの科目において、どういった仕事をするのかは把握していることでしょう。また研修医の時にも、さまざまな科目で、それぞれの医療方法などは、経験はしているとは思います。転科をしてまで転職をするのには、それなりの理由があるはずです。もっとプライベートが充実させることができるような科目に転科して、転職を実現させたいなんていうようなこともあるでしょう。

こういった場合にも、自分が転科をする目的なんてものを、しっかりと支援サイトのキャリアコンサルタントに告げておけば、ベストマッチした上に、より給与の高い医療施設へと転職紹介してくれることになりますから、とても便利です。自分ひとりでは、入手することができないような情報も、簡単に手に入れることができます。

>>医師の転科は「リクルートドクターズキャリア」が実績No.1<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師転科人気サイトランキング All Rights Reserved.